DX|マーケティング|愛知県|株式会社壱吉コーポレーション

TOP > マーケティングを取り入れたデジタルトランスフォーメーションDX

マーケティングを取り入れたデジタルトランスフォーメーションDXとは

総合広告とリアルブランディング

そもそもDXとは何か?

DXとは「Digital Transformation(デジタルトランスフォーション)」のこと。言葉の定義は、「データとデジタル技術を活用し、ビジネスにおける激しい変化への対応、業務や企業文化の変革、競争の優位性を持つこと」となります。ただしDXに、絶対的な定義があるわけではありません。実際のところ、DXという言葉は曖昧な形で使用されています。それ故に「DXとは?」と聞かれて、上手く答えられない人は多いでしょう。貴社の社業にあったDXについて判りやすく、簡単に導入できる仕組みをサポートします。

総合広告とリアルブランディング

DX1デジタル技術の活用は身近なもの

DXとはデジタル技術を活用し、ビジネスはもちろん私たちの生活そのものを、より良いものに変化させることを意味します。正式には「Digital Transformation」と表記しますが、英語圏において「Trans」が「X」と略されるため、これに従っているためです。

総合広告とリアルブランディング

DX2DXの推進が注目される理由

DXの必要性が高まったもっとも大きな要因として、2020年以降の新型コロナウイルスの感染拡大が挙げられます。これにより国内のみならず海外も含め、物流や働き方が大きく変化しました。テレワークの導入、あるいはWeb会議システムを用いた商談・打合せ等のオンライン化、ECコマース等があげられます。この変化はコロナ禍以前に戻るとは考えられず、企業はDX享受による変革が求められているのです。 また、DXの取り組みについて、日本は米国に比べると出遅れています。

<DXに取り組んでいない企業> ・日本:33.9% ・米国:14.1%

(DX白書2021 :出典)
総合広告とリアルブランディング

DX3DXの活用方法を理解する

既存システムが複雑化して活用しきれていなかったり、部署ごとで管理・構築されているために全社内でデータが共有されないブラックボックス化が常態化していたりと、課題を抱える企業は多く見られます。企業がDXを推進するためには、こうした課題解決が必要です。これに伴い、場合によっては社内体制や業務そのものの見直しも求められるでしょう。 こうした課題が解決に至らなければ、企業はDXに取り組めません。そればかりか、2025年以降に最大12兆円もの経済損失が生じるとも言われている「2025年の崖」は間近です。回避するために日本では政府が企業のDXを推進しています。課題の明確化や適切なガバナンスに向けた「可視化」指標の策定、中立的かつ簡易な診断スキームの構築、DX推進システムガイドラインの策定をはじめとした対応策等が講じられています。

総合広告とリアルブランディング

「こんなお客様に最適です」

初めてご参加される施設・会社様限定キャンペーン

定価 1店舗×3ヶ月
100,000円

矢印矢印

ご提供料金 90,000円
ポスター制作費 40,000円

実施料金 合計130,000円

※消費税は別途必要

※お打ち合わせ後正式なお見積りを提出いたします。

~お値打ちでインパクトにのある店舗まるごとプランも好評です~

マーケティング参考データ

《県内店舗数》37店舗 ※2018年1月~
《1日来客数》平均4,000世帯(1店舗あたり)
《1ヶ月来客》約120,000世帯(1店舗あたり)
《男 女 比》3:7
《リピート率》週2回利用(平均)

1位…40代 2位…30代 3位…20代

年代別割合

年代別割合

株式会社ドミー

株式会社ドミー
〒444-0007 愛知県岡崎市大平町字八ツ幡1番地1
食品、日用雑貨及び衣料品の販売を主要業務とし、あわせて不動産の賃貸業を営む総合小売業のチェーンストア
https://www.domy.co.jp/

岡崎市を中心に愛知県内で45店舗展開中の《ドミー》。
100年以上続く地元でも信頼性の高く、集客動因に成功しているスーパーマーケットです。

総合広告の事業・事例紹介はこちら総合広告の事業・事例紹介はこちらサッカー台広告のお問い合わせ・資料請求はこちら

TOP